誰でも作れるLINEスタンプの秘密について紹介します!

LINEスタンプとは?

LINEスタンプは、SNSアプリ上で使用することができるコミュニケーションツールの一つです。誰かに連絡をするときなどに便利であり、文字で打つのが面倒な時ってありますよね。その時に、スタンプを送ることによって連絡することができるのです。ボタン一つで行うことができるためにかなり画期的です。また、当初は公式のスタンプしか存在しませんでしたが、最近では個人でもスタンプを作ることが出来るようになって、その幅が広がりつつあります。

LINEスタンプを制作するには?

LINEスタンプは、誰でも作ることが出来るのですが、制作時にはスタンプを40個も作らなければならないというから驚きです。また、それぞれ違うスタンプを制作しなければならないために大変です。基本的には、デジタル化しなければならないために、パソコンやスマホ上で作業することがほとんどなのですが、イラスト形式で紙に手書きで書いた後にスマホ専用のスキャンアプリによってスキャンすることによって、スタンプ原型を作る方法もあります。

制作してから商品化されるまで

LINEスタンプは、制作しただけでは当然使用することはできません。40個制作したあとは、まず審査に通さなければなりません。この審査は、スタンプとして適正かどうかを調べるものなのですが、暴力的な描写や犯罪を促進させるような描写がない限りは通ります。以前は、半年以上かかっていたのですが、早くて一ヶ月ほどで承認されるために心配することはありません。そして、承認されたらその日から自分のスタンプが商品化されることになります。

LINEスタンプには、色々な種類があります。最近では、イラストが動くものや、しゃべる物もあり、トークが楽しくなります。