壊れてしまった?パソコンを修理に出す前に少し自己診断。

故障の原因を切り分ける。

パソコンは一台で様々なことができて便利な反面、故障したときのダメージは大きいものです。特に、メーカーへ修理に出すとなると手間や時間、必要以上のお金がかかるケースもあります。もし保障期間を過ぎているなら自分で修理に挑む手も悪くありません。原因によっては数十分から数時間で直せるかもしれません。最初にパソコンの種類をチェックします。タブレットタイプや薄型ノートなど、標準で外側の筐体を開けることができないものはOSリカバリーくらいの手段がありませんので無理にこじ開けないように注意しましょう。デスクトップパソコンやマニュアルに本体の蓋を開けてのハードディスク交換方法などが記載されているノートパソコンであればチェックしてみましょう。

電源は入るか、画面は出るか、最初のチェックが難関。

一番悩むのは電源の入れても無反応な状態です。画面に何も出ないとどうしていいかわからないかもしれません。そんな場合でもいくつかのサインがあります。まず、本体からファンが回転する音が聞こえる場合。これで画面が出なければビデオカードの故障の可能性があります。また、マザーボードによっては自己診断機能もあってピッピッと音がなる場合もあるので、その場合はマニュアルに音と故障の関係が書かれています。逆にファンの音がまったくしない場合、電源の故障の可能性があります。その場合は電源ユニット交換の可能性を考えます。本体、ビデオカード、CPUなど各部のファンをチェックして特定のファンだけ動いてない場合はホコリが詰まって熱で壊れるのを防ぐためにエラーを出している場合があります。本体内を綺麗に掃除してみましょう。ノートパソコンの場合はバッテリー劣化の可能性が考えられます。バッテリーをフル充電しても起動しない、でもコンセントでアダプタを使用すれば起動するといった場合です。バッテリーは空の状態で放置しすぎると劣化して充電しても電気が貯まらなくなります。そんな場合はバッテリーをリフレッシュするか買い替えてみましょう。

画面は出たけどOSの起動画面は出ない場合。

電源を入れて英文のメッセージ、またはメーカーロゴは表示されるけどOSが起動しない。この場合はハードウェアとOSの故障、どちらの可能性も考えられます。一番わかりやすいのは画面にメッセージが出る場合です。キーボードが接続されていなかったり、接続されているハードディスクを順にチェックしていてメッセージが出る場合はそれが不具合を指していますので対応しましょう。最近のパソコンでは前述したファンが回っていない状態もちゃんと表示してくれま。接続ドライブで何らかのエラーが出て停止している場合は表示されているドライブをチェックします。例えばデスクトップでハードディスクが二台搭載されているのに一台しか表示されてない場合は、もう一台のコネクタが外れているか故障したかと判断できます。ノートパソコンの場合ハードディスクは基本一台なのでこれが故障したらOSの起動は不可能です。これらの場合はハードディスク交換とOS再インストールとなります。OSの起動画面が表示された後のエラー表示はハードディスクの部分不良やウィルス感染など原因の特定は困難なのでOS再インストールを行ってそれでダメなら修理か買い替えを検討しましょう。

パソコンが故障した時にパソコンの修理をする時はそのパソコンのメーカーに出すのが良いです。メーカーではそのパソコンの事を知り尽くした技術者がいます。大事なデーターはバックアップを取っておきましょう。