企業や個人問わず必要な風評被害対策とは?

インターネットの時代による影響

風評被害はインターネットの影響で広まるのが早く、またその数も昔に比べると増えています。これは情報が配信しやすい時代であること、そして配信側の匿名性が高いことが強く影響を及ぼしていますね。例えば掲示板などでは誰でも書き込みが出来る上に、その書き込んだユーザーを特定するのが困難です。もちろん情報技術があれば調べられるケースもありますが、それは書き込んだ側にも言えることでしょう。総じて対策への重要度は増しているといえますね。

誹謗中傷された場合は

インターネットでの誹謗中傷はまずその情報の確認と保存が重要となります。もしも誹謗中傷の記事を発見したら、その情報を理解し把握し、その上で保存しましょう。保存方法はコピーアンドペーストで構いませんが、写真で撮るといった方法も有効的ですね。ごく稀にSNSではコピーアンドペースト対策がされていますが、写真であれば問題は無いでしょう。その後はそのサイトの管理人、運営者へ問い合わせて対処してもらいましょう。

個人間での誹謗中傷とその対策

誹謗中傷は企業、団体だけではなく個人間でもあり得る時代で、子供同士でも対策が必要なことはあります。ケースによっては、つまり受けたダメージ次第では警察へ相談した方が良いこともありますね。実際そういった例もあるほどで、メールでの攻撃などが誹謗中傷にあたるケースも存在しますよ。掲示板、SNS、メールなどは匿名性が高い代わりに誹謗中傷が残るため証拠として使う事もできます。そこが対策のキーになることが実は多いのです。

Webの普及により短時間で情報が知れ渡るので、風評被害が懸念される実態も多数あります。風評被害対策の一例で、企業のSEO整備により検索エンジンから不適切表現を削除する技術が進化しています。